2008年11月28日

ペドロ&カプリシャス 「ジョニーへの伝言」【1973年】

PETRO-001.jpg今回は昭和48年(1973年)に放映された「紅白歌合戦」から、ペドロ&カプリシャスの「ジョニーへの伝言」動画を入れてみました。



この曲はボーカルが高橋まり子(現:高橋真梨子)に変わってからの最初のシングルであり、ペドロ&カプリシャスとしては4枚目のシングル曲です。当時のオリコンチャートで最高24位を記録して、同年発表された「五番街のマリーへ」と並んでペドロ&カプリシャスの代表曲として後々まで語られる名曲だと思います。

しかし、当時のオリコン最高24位はすこし意外な気がします。もう少し最高位が高いと思っていたのですが、きっと意外と長くチャートにいたのではないかと推測しています。
作詞:阿久悠、作曲:都倉俊一という後にピンク・レディーで数々のヒット曲を飛ばすライティングチームですが、明らかにピンク・レディーとはまったく違う世界観を描いています。(当たり前でしょうが…)
こと歌詞に関しては、後に阿久悠が沢田研二に書き下ろしていたヒット曲(「勝手にしやがれ」など)の世界の女性版みたいな印象の方が近いかもしれませんね。

当時、こういったバンド形式で紅白歌合戦に出場できたのは非常に珍しかったのではないでしょうか。70年代前半ですとまだまだ「エレキ(バンド)=不良」みたいなイメージが年配者には高かったと思われますので、難しい所もあったと思われます。
しかし、高橋まり子のボーカルやバックの演奏力の高さがあるから今見ても見応えがあると思います。

そろそろ年末も近くなってきたこともありますので、昭和の「紅白歌合戦」や「レコード大賞」の動画も順次紹介して行きたいと思います。

それではゆっくりとご堪能ください。


参照:他の「紅白歌合戦」動画(2008年11月28日現在)

美空ひばり「柔」【1964年】(紅白歌合戦は1965年のものです)
五木ひろし 「よこはま たそがれ」【1971年】
小柳ルミ子 瀬戸の花嫁【1972年】
南沙織 「色づく街」【1973年】
山口百恵 「ひと夏の経験」【1974年】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。